クローン・トルーパー

人類を救う?危険な実験?クローン技術について

クローン技術とは?

クローン技術とは、生物の遺伝子情報をコピーし、無性生殖によって誕生させるものである。
主に農業や畜産業の発展のために確立されてきた技術だが、ペットなどのクローンはすでに存在しており、人間のコピーも技術的には可能とされている。

クローン技術の問題とは?

人間のクローンには倫理的問題があり、法律でもクローン人間をつくることは禁止とされている。日本人には馴染みが薄いかもしれないが、宗教的思想での反対も多い。
また、十分に研究されていないことから、予測できないなんらかの問題が発生する可能性があるという意見もある。

SFの世界でいえば、スター・ウォーズのストーム・トルーパーやボバ・フェットが有名だろうか。
スター・ウォーズではまさに現実の世界でも問題になりそうな戦闘員としてのクローンが登場している。軍隊を作るためのクローンや賞金稼ぎのクローンがおり、危険人物のクローンの危険性が伝わってくる。

個人的にはスター・ウォーズは面白いのでオススメです。特にエピソード1から3が好きです。

クローン技術の恩恵

倫理観や予測不能な問題がなかったとして、クローン技術があった場合、骨髄や血液などの不足問題が解消されるという意見が多く、いくつかの論文を見ても医療的な観点ではクローンの恩恵は大きいようだ。

クローン人間は本当につくられていない?

クローン人間がつくられたというニュースがあるが、それが定かであるかどうかは分からない。秘密裏に研究開発されていたり、研究機関があるという話もある。
クローン人間は失敗確率がかなり高く、1%未満と言われることもある。
日本でも研究が進んでいるため、医療への大きな発展が期待される。

今後も技術動向を追っていこうと思う。

関連記事

クローン・トルーパー
人類を救う?危険な実験?クローン技術について

クローン技術とは、生物の遺伝子情報をコピーし、無性生殖によって誕生させるものである。主に農業や畜産業の発展のために確立されてきた技術だが、ペットなどのクローンはすでに存在しており、人間のコピーも技術的には可能とされている。クローン技術には倫理観の問題と、危険性もあるが、恩恵も期待されている。

アナキン・スカイウォーカー
スターウォーズのライトセーバーやアイアンマンのリパルサーは実現可能か

それぞれの技術で最も問題となるのがエネルギーだ。ライトセーバーやリパルサーなどの高出力の武器を収めるには小型かつ大容量のバッテリーが必要になる。ライトセーバーをスパイダーマンに見せたら「それ物理学の法則に適ってないよ」と言われるだろう。

車
自動車の進化の過程と、これからの自動車の進化とは?

日本が江戸時代の頃にフランスで自動車の起源と言われる「蒸気自動車」が誕生したと言われている。その約120年後、現在の自動車に近いガソリン自動車が誕生した。