車

自動車の進化の過程と、これからの自動車の進化とは?

車の登場から自動車の誕生まで

1769年、日本が江戸時代の頃にフランスで自動車の起源と言われる「蒸気自動車」が誕生したと言われている。この頃は軍隊の大砲を運ぶために作られており、速度も10km/h以下だったと言われている。
その後、1777年にイギリスで電池が発明され、1823年に電気で動くモーター自動車が誕生した。最初の蒸気自動車から約120年後の1880年代、ガソリンとエンジンで走る現代のものに近いガソリン自動車が発明された。この時はまだ一般に普及できるものではなかった。
しかし、その4年後にはガソリン自動車が量産され始めた。蒸気自動車からガソリン自動車までに120年近くかかっているが、4年という普及のスピードから技術が大きく進歩したことがわかる。

日本での普及

日本では世界で量産が始まった1900年の7年後の1907年(明治時代)から普及が始まった。1960年代に入るとトヨタや日産などの有名企業が設立され、大きく車技術が発展した。
1980年代以降、日本で高性能な電子部品やカーナビなどが発明され、世界で活躍した。2000年代に入ると、現在のハイブリッド車や自動運転など環境や安全に配慮した自動車の開発が進んだ。

近い未来の車

現在もエコカーや自動運転技術の開発が進められ、自動運転車は近い将来普及しそうだが、SFの世界のように空飛ぶ車も開発されている。実際、飛行実験にも成功し、大きな話題を呼んでいる。

我々が手にできるくらい普及する飛行型の車の形がどうなるのか楽しみだ。

関連記事

クローン・トルーパー
人類を救う?危険な実験?クローン技術について

クローン技術とは、生物の遺伝子情報をコピーし、無性生殖によって誕生させるものである。主に農業や畜産業の発展のために確立されてきた技術だが、ペットなどのクローンはすでに存在しており、人間のコピーも技術的には可能とされている。クローン技術には倫理観の問題と、危険性もあるが、恩恵も期待されている。

アナキン・スカイウォーカー
スターウォーズのライトセーバーやアイアンマンのリパルサーは実現可能か

それぞれの技術で最も問題となるのがエネルギーだ。ライトセーバーやリパルサーなどの高出力の武器を収めるには小型かつ大容量のバッテリーが必要になる。ライトセーバーをスパイダーマンに見せたら「それ物理学の法則に適ってないよ」と言われるだろう。

車
自動車の進化の過程と、これからの自動車の進化とは?

日本が江戸時代の頃にフランスで自動車の起源と言われる「蒸気自動車」が誕生したと言われている。その約120年後、現在の自動車に近いガソリン自動車が誕生した。